ビサージアのヨーガ

ヨーガとは

皆さんはヨーガと聞くと、どのような印象を持たれますか?
「難しいポーズをしないといけない・・・」
「身体がやわらかくないと出来ない・・・」
「宗教ではないのですか??」等々・・・・・
では、「ヨーガ」ってどのようなものなのでしょう。

ヨーガとは

私が、ヨーガの師匠から受けた言葉があります。

Apraptasya praptih yoga
(今不可能な事を、可能にしていく事をヨーガという)

「Yoga」の意味は「つなぐ・結ぶ」というもの。
ですから、決して「Yoga」=「ポーズをする事」だけではないのです。

もちろん、今までできなかったポーズが出来るようになる事も「Yoga」と言えますが、ただ、体の動きだけを言うのなら、他のスポーツでも良いという事になってしまいます。

「ポーズが出来る事」「ポーズが出来ない事」ではなく、
そのポーズをする事により「自分をどう感じているか?」という、
外から自分自身の内側への問いかけを行っていくのです。

「今の自分をどこにつなげて行きたいか・・・」

と言う事なのです。

自分自身とつながり、
今の自分自身を精一杯生きる事。

まずは、そこから始まります。

ヨーガに生きる

あらゆるものは必ず産み出されなければ、この世に存在しません。
「人間」も「動物」も「植物」も、
創り出されなければ、この世に存在する事はできません。

だからこそ、「今の自分を生きる事」が大切なのです。

「自分自身」を生きて初めて、「人」とのつながりも持てるのです。
日々の中、日常の中に「Yoga」は存在します。

「Yoga」で生きるのではなく、
「Yoga」に生きてみませんか?