アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダは自分の体質(ドーシャ)を知ることから始まります。
あなたのドーシャはどのようなものでしょうか?
アーユルヴェーダで健康的なライフスタイルを目指しましょう!

ヨーガとは

アーユルヴェーダとはインドの伝統的医学です。

アーユルヴェーダの「アーユ」とは、生命(肉体・心・魂)という意味です。
人が肉体をまとってこの世に生まれ、やがて果てるまでの生命の営みのことを言います。
「ヴェーダ」とは、教義・知識・智恵・科学という意味を表し、十分に深く考え、その本質を導師を通じて体得するのがヴェーダを学ぶ方法です。
アーユルヴェーダはこの2つが合わさったものなのです。

アーユルヴェーダ

ヨーガとアーユルヴェーダのルーツは同じ約5000年前の古代インド哲学「ヴェーダ」。
ヨーガもアーユルヴェーダもともに、「真の幸福を得るため、“本当の自分”を見つけること」を目指しています。

ヨーガに生きる

知恵は知慧となり、創造を生み出します。

生まれてから死ぬまで、そして今世で自分が気づくべき「生き方」をさまざまな経験や体験から知り、さらに肉体や精神活動を通じて見つけていく・・・
この見つけ方・気づきを知る方法がヨーガで、そのアクションをしっかり行うために肉体の感覚をクリアにして、正しく機能させるためのメンテナンス方法がアーユルヴェーダです。

つまり、ヨーガは自分に問いかけ、答えを自分の中に見つける方法で、アーユルヴェーダは生き方を外側から細かく教えてくれる方法なのです。
現代医学のように、病気の治療だけを行う医学ではなく、個人の体と心の状態に応じて、病気の予防と治療、健康増進法を処方するもので、医学でありながら、「生活」や「生き方の知恵」というものを学びます。